1枚目のクレジットカードを申し込む初心者のランキングの歩き方

クレジットカード 初心者 ランキング

クレジットカードは一度も作ったことがない社会人一年生や二十歳になったばかりの学生さんが、初めてクレジットカードを申し込む場合に特に気を付けて欲しい点をまとめてみます。

最近はスマホで「クレジットカード 初心者 おすすめ」と検索すれば、おすすめのクレジットカードをランキング形式で比較してくれるサイトがすぐに見つかりますよね。

でもそうしたランキング形式のサイトの順位はサイトごとでばらばらで、見れば見るほど「どれが本当におすすめなの?」と余計に迷ってしまう方もいるかもしれませんね。

よく理解できないままにそうしたランキングを信じて申し込んでしまうと、自分の使い方にマッチしたクレジットカードではなくて後で後悔してしまった、なんて話をよく聞きます。

そこでクレジットカード初心者が特に気を付けて欲しいポイントをまとめてみますね。

信頼できるクレジット会社を選ぶ

クレジットカードと言えばその名の通り信用(=クレジットcredit)を担保してくれるカード。

あなたの支払能力を信じてお金を貸してくれて、代わりにレジ決済をしてくれます。

クレジットカード発行の際はあなたが信用できる人間かどうか、収入は一定以上あるのか、もし支払いが遅れたときには別で支払ってくれるあてがあるのかなど、審査をした上でカードを発行を決めます。

逆にあなた自身もクレジットカード会社を選ぶときには、その会社が信用してもいいところかどうかを判断する必要があります。

クレジットカード初心者にはどこが信頼できるカード会社なのか?判断することは難しいでしょう。

しかしお金に関することはとても重要なので、「テキトーに選べばいいいじゃん!」なんて思わないでくださいね。

借金する相手はちゃんとしたところを選びましょう。

では実際にクレジットカードの信頼性はどこで判断するのかというと、セキュリティーがしっかりしていることが判断の基準のひとつにあげられます。

セキュリティーについて具体的に例を挙げると

財布を落としたとかスられてクレジットカードを失くしてしまったときの対応。

悪用される前にすぐにカードをストップしてくれるのか
悪用された期間の補償はしてくれるのか
カード利用の速報をメールで送ってくれるのか
コールセンターに電話はすぐつながるのか
24時間対応なのか。

判断する基準として、会員数やカード会社の歴史の長さも参考にしてみてもいいかもしれません。

しっかりとした信頼のおけるクレジットカード会社で発行するようにしてくださいね。

ポイント還元率だけでクレジットカードを選ばない

初心者が勘違いしやすいミスとして多いのが、表面上のポイント還元率だけを見てクレジットカードを選んでしまうこと。

ランキングサイトで比較しやすい点としてポイント還元率の数値があるんですが、これだけを見ると使えないクレジットカードを選んでしまうなんてことも。

ポイントをたくさん貯められたとしても、ポイントを交換する先があなたに縁がないお店でしか使えないことや、交換するには1万ポイント以上で1000ポイント単位ですよなんてこともあるのが実際のところなんです。

2%還元のカードで10万円分買い物したから2,000ポイント貯められたけど、ポイント交換は1万ポイント以上ですよなんて言われたら、どれだけ時間がかかるんだと嫌になりますよね。
しかもポイントの有効期限が決められてたりして実際には使えないなんて悲劇も・・・

ポイント還元率が他のカードと比べて少々悪くても1ポイント単位で普段の買い物で使える、そんな使い勝手の良いポイントの貯まりやすいクレジットカードを探すことが大切なんじゃないでしょうか。

クレジットカードおすすめランキング

そんな大切なポイントを押さえた上で当サイトがおすすめする初心者におすすめしたいクレジットカードのランキングを発表します。

おすすめNo.1・楽天カード

  • 年会費ずっと無料
  • テレビCMでもおなじみのクレジットカード
  • ポイント還元率は基本1%以上
  • 審査は世帯収入を元に判断される
  • 主婦や学生でも申し込みやすい
  • ETCカードは年会費540円だが条件クリアで無料
  • 家族カードは年会費無料で5枚まで発行可能
  • ポイントの使い勝手がいい
  • 1ポイント単位から楽天市場やマクドナルドでも
  • 電子マネーの楽天edyに交換できる
  • 期間限定ポイントが多い

楽天カードについてはコチラで詳しく解説されているので参考にして下さい。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
楽天カードで家族カード申し込みは損?メリットとデメリットとは http://isoukai2011.jp/

おすすめNo.2・三井住友VISAカード

  • 最初の1枚におすすめ
  • 安心の三井住友ブランドでステイタスがある
  • クレジットカード自体の歴史が長い
  • 25歳以下のクレジットカードで大人気
  • ポイントは各種電子マネーに交換可能
  • ポイント交換だけでなくキャッシュバックも選べる
  • ポイント有効期限は最長2年間

楽天カードについてはコチラで詳しく解説されているので参考にして下さい。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
楽天カードで家族カード申し込みは損?メリットとデメリットとは http://isoukai2011.jp/

おすすめNo.3・セゾンカード

  • ポイントの有効期限が永久不滅
  • ポイント還元率は0.5%と低め

新規申込時の特典も検討することも必要だが

トクするクレジットカード選択の際のポイント、それは、ポイントを還元してくれる際の還元率に限られてのことじゃないのです。新規申し込み時の特典や必要な年会費、さらに旅行保険などの保険についても最終決定してしまう前にしっかりと比較・検討しておきましょう。
今では、海外旅行保険がそもそもプラスされているクレジットカードだっていっぱい、あるので、ぜひ出発に先だって、付帯の保険で補償してもらえる事案について熟読するのがおススメです。
利用中のクレジットカードに最初からついている海外旅行保険の範囲で、海外で治療費に関してキャッシュレスサービスを適用したいと考えているときには、とにかく、所有しているクレジットカード会社の海外サポートサービスなどの窓口に電話して詳細を確認する必要があります。
通常クレジットカードは利用しないとかいう方でも、海外旅行に出かけるのだったら、どこでも利用できるクレジットカードをできる限り持って出かけていただくことを一番におすすめします。この頃は申し込みをしたら即日発行だって可能なクレジットカードだって多いのです。
トラブルになることが多いのですがクレジットカードというのは、万一に備えての海外旅行保険の補償による補償額がことのほか乏しいという場合が実際にあるのです。似ていても実はカードにより、海外旅行保険の補償限度額が、全く開きがあるというのが大きな原因です。

ここ数年は、長所や取り得が異なった、これまで多かった「消費者金融」「信販会社」だけでなく「銀行」等が同じように、特典付きのクレジットカードを次々に開発して発行しているから、入会申し込み時の審査方法に、相当の差が際立ち始めているとも理解してもいいのではないでしょうか。
総じてクレジットカードは、0.5%程度といったポイント還元率を提示しているクレジットカードが大部分のようです。おとくなポイントの還元率についてしっかりと比較して、可能なら高いポイント還元率を設定してくれているクレジットカードにしていただくのだってカードの選び方のひとつではないでしょうか。
最近増えているのですが、「キャッシュレス」という名前で知られている、保険付帯のクレジットカードを見せるだけで、そのときにお金用意できない場合でも、正規の診療を受けていただける価値あるオプションサービスが、付帯している海外旅行保険に組みこまれていると安心な旅行になるでしょう。
新規にカード発行を申し込む入会時こそ多くのクレジットカードは、何より魅力的なキャッシュバックなどの特典を準備していることが大いに見られるので、たくさんのクレジットカードに関する比較サイト等を活用して、考えていただくことが一番おすすめです。
いわゆるスーパー系のクレジットカードを活用された場合、例外以外は0.5パーセント還元するポイントの設定としていることが大方で、ポイントアップデー以外は、こだわらずに1パーセント以上還元率のあるカードを使ったほうが、ポイントがたくさんもらえることだってあるわけです。

年会費が完全フリーとなっているクレジットカードなら、とりわけ生まれて初めて作る人、月々どの程度の金額を支払うことになるものか予定が立たないけれど、特に注文はなく1枚は作っておきたいと考えていらっしゃるなら一番のおすすめです。
クレジットカードって、種類が多すぎて、選べずに悩んじゃうことがかなり多いですよね。そんな方は、比較サイトの正確で見やすいランキングで、Aクラスの成績の評判のいいクレジットカードから見つけるのがいい方法だと思います。
普段の通年のクレジットカードで支払う金額額別で、最もおトクなカードをわかりやすいランキング形式にしたり、使う目的にうまく合うクレジットカードを見つけてもらえるように、カード比較サイトのいくつもの構成を改良しながら作っています。
クレジットカードというのは、年会費がかからない場合、有料のものの両方が存在しているのです。普段のカードの利用の仕方にどっちのカードが適しているのか、細部に至るまでサービス内容を納得いくまで比較した上で、申し込み先を決定するようにしておくといいでしょう。
万一に備えての海外旅行保険付帯済みというのは、もちろんクレジットカードのありがたいメリットと言えるでしょう。しかし支払い限度額をはじめ、利用付帯のもの、自動付帯のものなど、詳細についてはそれぞれのクレジットカードで全然異なります。